オキシクリーンが100均で買える!?本家オキシクリーンとの違いは?【ダイソー】

ダイソー

少し前からオキシクリーンって流行ってますよね〜。

年末の大掃除をしようと思っている方の中にも、気になっている人は多いのではないでしょうか?

 

でも、スーパーやネットで売っているのは大容量のものばかり。

 

買ってみたいけど、使って汚れが落ちなかったり、使い勝手が良くなかったりしたら勿体ない。

と手が出ない人もいるのでは?

 

そんな方に朗報!

ダイソーでオキシクリーンの少量サイズを発見しました!

 

 

見てみると、名前が違う…。

オキシウォッシュとなっています。

オキシクリーンとは別物のよう。

でも、効果が同じならぜひ少量から試してみたいですよね。

どう違うのか、調べてみました。

スポンサーリンク

オキシクリーンとの成分の違い

オキシクリーンは数種類あり定番のマルチタイプの成分は

 

・過炭酸ナトリウム(酸素系)

・炭酸ナトリウム

 

となっています。

 

一方、ダイソーのオキシウォッシュの成分は

 

・過炭酸塩(酸素系)

・炭酸塩

・水軟化剤

・硫酸塩

・界面活性剤

 

となっています。

ナトリウムは塩のことなので、過炭酸塩、炭酸塩と過炭酸ナトリウム、炭酸ナトリウムは同じ成分。

ダイソーのほうに、界面活性剤、硫酸塩と水軟化剤が混ざっています。

 

因みに界面活性剤とは

分子内に水になじみやすい部分と、油になじみやすい部分を持つ物質の総称。両親媒性分子と呼ばれることも多い。ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。また、表面張力を弱める作用を持つ。 石鹸をはじめとする洗剤の主成分である。

出典:ウィキペディア

いわゆる、洗剤のことだと思えば外れではないです。

 

界面活性剤が入っているとだいぶ別物。

うーん…と思ったら、オキシクリーンにも界面活性剤入のものがありました。

 

オキシクリーンEXはオキシウォッシュと同成分

オキシウォッシュとほぼ同成分のもの。

それはオキシクリーンEX

成分は

 

・過炭酸ナトリウム(酸素系)

・洗浄補助剤(炭酸ナトリウム)

・界面活性剤(アルコールエトキシレート

 

ダイソーのオキシウォッシュと成分がほぼ一緒です!

 

容量、値段は?どちらがお得?

ダイソーのオキシウォッシュとオキシクリーンEXが大体同じものだとわかりました。

 

気になる容量と値段ですが

オキシクリーンEXは容量802g、2270gがあり、楽天市場やアマゾンでの販売価格は

 

802gは1000円前後。

2270gは2678円

 

となっています。

 

一方、ダイソーのオキシウォッシュは容量120gで108円

 

ダイソーのオキシウォッシュの方が安いです!

 

まとめ

ダイソーのオキシウォッシュと本家のオキシクリーンを比べてみました。

オキシクリーンマルチタイプとは成分が違いましたが、オキシクリーンEXとほぼ同じ成分ということがわかりました。

しかも、オキシクリーンEXより単価が安い!

オキシクリーンEXを試してみたいという方は、まずはダイソーのオキシウォッシュを使ってみてはいかがでしょうか?

 

もうすぐ今年も終わりますが、家中をキレイにして、気持ちよく新年を迎えたいですね♪

 

界面活性剤入りはちょっと…という方は、本家オキシクリーンのマルチタイプを使ってみてください!